不安なことが多いあなたのための不安障害治療ガイド

不安のタイプ

医師

不安障害といっても様々な種類に分類することが出来ます。種類によって症状や治療方法は違います。
不安障害の治療をするには、不安障害について知る必要があります。ここでは、不安障害を4つに分類し、それらの特徴について紹介します。

■適応障害
特定の出来事を行なうにあたって非常に辛い、抵抗があると感じ、精神面や身体面に症状が現れてくる病気です。精神面の症状には憂鬱感、不安感、無気力といったものがあります。身体面の症状には、動悸、倦怠感、頭痛といったものがあります。
うつ病と似ている症状ではありますが、適応障害の場合には、原因が明確なので、原因となっている出来事がない状態では、特に症状が現れません。

■社会不安障害
スピーチ、面接、商談といった出来事でプレッシャーを感じるときに、身体面の症状が現れる病気です。症状には、動悸、息切れ、腹痛などが起こります。そういった症状を感じないように、次第にその場面に出くわすことを避ける傾向にあります。ある場面を避ける事で、日常生活に影響が出てしまいます。

■パニック障害
突然発作を起こし、パニックな状態になる病気です。急に動悸、吐き気、発汗、震えといった症状が身体に現れてきます。また、精神面でも自殺をしたい、逃げ出したいといった衝動に駆られます。発作が起きることに不安を感じ、徐々に外出できなくなってしまうこともあります。

■強迫性障害
強迫観念や強迫行為を感じる病気です。強迫観念というのは、「こうしなければならない」と自分の頭の中から離れず、他の事を考えることが出来なくなってしまう状態のことです。強迫行為というのは、強迫観念を打ち消すために行動に出てしまうことです。自宅の電気を消したか、クーラーを切ったか、鍵を閉めたか、手を洗ったかという不安を感じ、自分で行動を起こさなければ気が済まないのです。